派遣社員から正社員を目指すメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/07/26


いつかは憧れの正社員に…そんな思いを抱きながら働いている派遣社員の方は多いでしょう。しかし、実際に正社員になるとどんな点が変わるのでしょうか。また、派遣社員ではなくなることによるデメリットはあるでしょうか。今回は派遣社員から正社員を目指す際のメリット・デメリットを解説していきます。

派遣社員から正社員を目指すメリット

派遣社員の募集事項を見ていると「正社員登用あり」といった文言を目にすることがあります。派遣社員から正社員へのクラスアップを目指す方は多く、派遣先も正社員の募集を前提に派遣社員を募っている場合もあるのです。

では、派遣社員から正社員を目指す場合にはどんなメリットがあるでしょうか。主なメリットを4つの視点で解説します。

雇用の安定

派遣社員は雇用期間に定めがある働き方のため、せっかく仕事に慣れても雇用期間が終了してしまうと別の働き先を探す必要があります。しかし、正社員は有期雇用ではなくなるため、安心して働き続けることができるでしょう。

キャリアアップが目指せる

派遣社員はあくまでも外部から派遣されてきた社員として働くため、実力を重ねて実績を出しても正当な評価を得にくいのです。一方の正社員は実績を重ねていくとキャリアアップが目指せ、連動する形で収入も増えていきます。ひとつの会社で評価を積み重ねたい場合には、正社員になるメリットはとても大きいといえるでしょう。責任のある仕事も任されるようになり、やりがいもあります。

賞与が大きい可能性が高い

派遣社員は雇用上賞与が少なく、支給されないこともあります。しかし、正社員になると賞与が大きい可能性が高く、収入の大幅アップも夢ではありません。

人間関係が構築しやすい

派遣社員は常に派遣先で新たな人間関係を構築する必要があります。しかし、正社員としてひとつの会社に留まると人間関係も安定しやすくなり、安心して働けるようになります。落ち着いた環境で働きたい方は正社員になるメリットが大きいでしょう。

派遣社員から正社員を目指すデメリット

では、派遣社員から正社員を目指すとどんなデメリットがあるでしょうか。次の4つのデメリットもぜひご参考ください。

好きな職場で働けるとは限らない

派遣社員の場合は好きな職種や環境を選んで働くことができますが、正社員に登用されると社内の中を異動することも多く、苦手な仕事へ異動させられる可能性もあります。また、大手の企業の場合は出向という勤務形態もあるため、まったく望まない会社へ出向させられることもあるでしょう。

給与が下がる可能性もある

派遣社員は高い時給で働ける仕事も多いですが、正社員になると時給換算した場合、実は時給ダウンにつながり給与が下がってしまう可能性があるのです。また、正社員になると社内で天引きされる組合費をはじめとする諸費用の関係で給与が減りやすいというデメリットもあります。

キャリアアップがダメージとなることも

近年出世を望まない若い方が増加していることも話題になっていますが、正社員になるとプレッシャーの多いキャリアアップを経験する可能性があります。係長や課長に昇進していくことで残業が増える雇用形態に移行することも多く、仕事に大きな負担を感じる人も少なくありません。

残業が増えることも

派遣社員は定時で退勤できることが多いですが、正社員になると残業を求められることも多くなります。とくに労働形態がみなし残業の制度を導入している場合、残業代を含んでの給与が支給されているため、実際の残業時間と給与が大きく乖離していることも。定時退社できれば得な制度ですが、損となる可能性もあるのです。

派遣社員から正社員になるためには?

デメリットがあっても正社員はキャリアアップも目指していきたい、そんな熱意がある場合にはどのようにチャレンジしていくと正社員を目指せるでしょうか。派遣社員から正社員を目指す場合、主な方法は3つ挙げられます。

ひとつ目は「転職」です。現在までの経歴も踏まえて正社員採用を行っている企業へ転職活動を行ってみましょう。年齢制限がある場合もあるため、転職活動は早期に始めることがおすすめです。

2つ目は「紹介予定派遣」。この方法は正社員としての採用が前提にある派遣社員としての働き方です。派遣社員として働くことが正社員へのお試期間となっているため、実際の社内の空気感も確かめながら働くことができます。企業側も能力や人となりを見極めることができるので双方にメリットのある働き方です。

最後に3つ目は「派遣会社の正社員になる」こと。この方法は派遣会社で正社員になることで、派遣社員を管理する側や急な現場で派遣社員として働くことを意味します。派遣会社も社員を募集していることがあるので、意外な穴場です。

正社員を目指す方法はこのように3つの方法がありますが、チャンスを掴むためにはまずは活動しなくてはなりません。どの方法であっても活動を早く始めることが道を拓くチャンスにつながるでしょう。

 

今回は正社員を目指す際のメリット・デメリットについて紹介しました。どのような働き方にも少なからずデメリットはありますが、正社員の安定性はやっぱり大きな魅力です。ひとつの会社で腰を据えて働くことで将来も見据えた人生設計がしやすくなります。ぜひ本記事をきっかけにアクティブな転職活動につなげてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

派遣社員として働こうと思っても、登録手順および仕組みなど分からないことも少なくありません。この記事では、人材派遣会社の登録から仕事開始までの大まかな流れを解説し、その上で登録する人材派遣会社
続きを読む
コロナ禍にあたり、仕事を失った方は少なくありません。そこで就職活動をしようと考えるわけですが、問題はどこを利用するかです。人材派遣会社を利用する方もいればハローワークを利用する方もいます。そ
続きを読む
いつかは憧れの正社員に…そんな思いを抱きながら働いている派遣社員の方は多いでしょう。しかし、実際に正社員になるとどんな点が変わるのでしょうか。また、派遣社員ではなくなることによるデメリットは
続きを読む