人材派遣会社に登録するタイミングはいつ頃がベストなの?

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/12/10


人材派遣会社を利用して仕事を探す場合、派遣会社に登録するタイミングはいつ頃がベストなのでしょうか。また、現在会社で働いている場合は、今の会社を辞めるタイミングも悩むところですよね。本記事では、人材派遣会社に登録するタイミングについて解説していきます。派遣会社への登録を考えている方は、参考にしてください。

人材派遣会社にはいつ頃登録するのがおすすめ?

派遣会社に登録するのはいつ頃がよいのでしょうか。基本的には即日就業可能な状態で登録するのが望ましいですが、登録自体は事前にしておくこともできます。実際に働き出す1か月前くらいに登録しておけば、その間にどんな求人があるのか比較検討できるので条件の合う仕事を見つけやすくなります。

早い人では2か月くらい前から登録していることもあるようです。また、派遣業界には求人の増える時期があるので、そういった傾向をふまえて登録のタイミングを調整するのがおすすめです。

ボーナスの時期は求人が増える

以前から会社を辞めようと考えていた人が、夏や冬のボーナスをもらったのを区切りに会社を辞めることが多くあります。企業側は、そういったケースの人材補充を目的として派遣会社に依頼を出すため、必然的にこの時期は求人が増える傾向にあります。

年度末から年度初めにかけて求人が増える

年度末決算などの忙しい時期は人材派遣へのニーズが高まるようです。また、新年度に向けて、新規事業拡大や退職者の補充を目的としての求人が増える傾向があります。

あえて求人が増える時期とずらす選択もある

求人が増える時期は、同じように派遣会社に登録する人も多いため、競争倍率が高くなるといえます。あえて求人が増える時期を避けたり、契約更新のタイミングとずらしたりすると、ライバルが減り採用されやすくなるということもあるようです。いずれにしても、自分の仕事に対する考えをしっかり棚卸しした上で派遣会社や派遣先の選定をするのが大切です。

現在働いている会社を辞めるタイミング

では、現在働いている会社を辞めるのはいつ頃がよいのでしょうか。就業中であっても派遣会社に登録だけならすることは可能です。

法律上は14日前に退職の意思を申し出れば退職できますが、一般的には引継ぎ等のために2~3カ月前には上司に退職の意思を伝えるのが望ましいでしょう。会社によっては就業規則で退職までの期間について定められているところもあるので確認しておくのがおすすめです。

さらに有給休暇の消化も考慮して、次に働き出したい日から逆算してスケジュールを立てましょう。現在の雇用形態が契約社員や派遣社員の場合は辞めることができるタイミングが限られているので注意が必要です。

人材派遣会社の登録から就業までの流れ

実際に派遣会社に登録してから、就業まではどのように進んでいくのでしょうか。一般的な登録から就業までの流れを紹介します。

■登録会に参加する

まずは登録会に参加して登録を完了させましょう。登録会は派遣スタッフとして登録するためにどこの派遣会社でも必須となっています。登録会では、派遣の仕組みや派遣として働く際の注意点、福利厚生や社会保険等について説明があります。わからないことがあれば質問して解決しておきましょう。

また、スキルチェックといってパソコンのスキルや一般常識のチェックが行われます。外国語を使う仕事の場合は語学力もチェックされます。テストではないので現状のありのままのスキルを見てもらいましょう。

さらに、担当コーディネーターとの面談があります。仕事の紹介に必要な、希望や条件をしっかり伝えましょう。「未経験で不安」「どんな仕事が向いているかわからない」などの不安や悩みがある場合もその場で相談できます。最近は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、WEBで登録会ができる派遣会社も増えています。

■仕事の紹介

登録が完了すると、希望条件やスキルに合った仕事を紹介してもらえるようです。もしも条件に合った仕事があれば、登録会当日に紹介までしてもらえることもあります。すぐに返事をしなくてもよいので、よく検討して仕事を決めましょう。

逆に、仕事の紹介がない場合は、希望の職種を増やしたり、通勤可能範囲を広げたりと条件を少し変えることで紹介できる仕事が増えてきます。

■派遣先企業との面談

やってみたいと思える仕事が見つかったら、実際に派遣先を訪問します。派遣では面接は禁止されているので、この訪問時の顔合わせが事実上の面接となるようです。

面談の際は、ほとんどの派遣会社でコーディネーターが同行し、話の進行も担当してくれます。面談では、派遣先企業の担当者から実際の仕事について説明があります。これまでの経歴やスキルについて聞かれることもあるので答えられるようにして準備しておきましょう。面談後、派遣会社を通して合否の連絡がきます。

■就業

採用が決定したら、いよいよ仕事のスタートとなります。これ以降実際の仕事に関することは派遣先担当者の指示に従いましょう。勤怠や給与に関することは雇い主である派遣会社のコーディネーターが窓口になります。

 

派遣として働くことには、希望の仕事を見つけて、自分で働き出すタイミングを調整できるというメリットがあります。派遣会社登録や退職については、登録から就業まで一定の時間がかかることも考慮して、就業したい時期から逆算してしっかりスケジュールを立てて進めましょう。不安なことがあれば派遣会社のコーディネーターも相談に乗ってくれるので、計画的に就業できるよう相談してみてくださいね。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

いつかは憧れの正社員に…そんな思いを抱きながら働いている派遣社員の方は多いでしょう。しかし、実際に正社員になるとどんな点が変わるのでしょうか。また、派遣社員ではなくなることによるデメリットは
続きを読む
人材派遣の仕事を通して新たな仕事に挑戦したい、そう願っている方にとって派遣会社での登録から仕事まで、一体どういう流れなのか気になるのではないでしょうか。そこで、この記事では人材派遣会社におい
続きを読む
働き方の1つとして定番となった派遣社員ですが、派遣としての働き方には種類があることはご存じでしょうか。正社員と派遣社員の2つの働き方にとらわれず、派遣社員のなかでも、自分に合った働き方を模索
続きを読む