悪質な人材派遣会社の特徴とは?見分ける方法を身につけてトラブル回避!

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/12/10


派遣会社に登録する際、たくさんの派遣会社があるのでどの会社を選ぶべきなのか迷ってしまいますよね。中には悪質な派遣会社も存在するので注意が必要です。そこで今回は、悪質な人材派遣会社の特徴と見分ける方法について解説していきます。派遣に登録した際のトラブルを避けたい方は、ぜひ参考にしてください。

悪質な人材派遣会社の特徴とは?

悪質な派遣会社とはどのような会社なのでしょうか。悪質な派遣会社に登録してしまうと、長時間労働や過剰なノルマ、急な仕事を強いられたり、残業代や給与の不払いが発生したりするといったトラブルに巻き込まれてしまいます。

労働派遣法の改正により、このような会社はだんだん減ってきてはいますが、まだまだ悪質な人材派遣会社があるのが現状です。こういった悪質な派遣会社には、「派遣先が中小企業ばかり」「募集内容と実際の仕事内容や条件がちがう」「給与や書類のミスが多い」「スタッフの対応が悪い」「有給休暇を取らせてくれない」などの特徴があります。

このような悪質な派遣会社では、利益を第一に考え人件費を削ろうとします。登録スタッフのことを労働力としてしか捉えていないので、平気で派遣法に違反し、有給休暇や社会保険などの当然の権利を認めていません。このような派遣会社に登録しないために、見極め方をきちんと把握しておきましょう。

悪質な人材派遣会社を見分ける方法

悪質な派遣会社を見分ける方法を詳しく解説するので、派遣会社を選ぶ際の参考にしてみてください。

■派遣許可番号を取得しているか

派遣事業を開業する際には、厚生労働大臣から許可を受ける必要があります。

許可を受けた派遣会社には許可番号が存在し、ホームページ上で確認することができます。許可番号は正規の派遣事業者であると認められた事業者のみに発行され、この番号を有していない派遣会社は無許可で営業している悪質な会社である可能性が高いです。派遣会社に登録する際には必ず許可番号をチェックしましょう。

■優良派遣事業者として認定されているか

優良派遣事業者認定制度とは、厚生労働省が優良な人材派遣事業者を認定する制度です。優良派遣事業者に認定された会社は、法令遵守はもちろん、キャリア形成支援や派遣先でのトラブル予防など、派遣労働者と派遣先双方にとって安心できるサービスが整っています。

優良派遣事業者に認定されている派遣会社であれば、悪質な会社ではないことは確実です。認定されているかどうかは厚生労働省のページや派遣会社のホームページで確認できるので、こちらもチェックしておきましょう。

■社会保険加入等の制度を遵守しているか

派遣社員であっても、一定の条件を満たしていれば社会保険に加入できることが義務付けられています。条件や加入先の保険は派遣会社によって異なりますが、保険について派遣会社のホームページに記載があるはずです。これらについて記載が全くない場合は悪質な派遣会社である可能性が高いのでチェックするようにしましょう。

■過去に事業停止命令や改善命令を受けているか

過去に業務停止命令や改善命令を受けている会社は、当然ですが悪質な派遣会社である可能性が高いです。事例としては二重派遣で賃金を搾取していたり、派遣禁止の業種に派遣していたりと悪質で、登録してしまうとトラブルに巻き込まれる可能性があります。厚生労働省職業安定局のホームページで業務停止や改善命令を受けている会社を調べることができるのでチェックしておきましょう。

■口コミや評判はどうか

ネット上には、検索をするとその派遣会社の口コミや評判が多数掲載されています。これらは実際に働いていたスタッフの生の声であり、参考にすることができます。

前述した悪質な派遣会社の特徴である「派遣先が中小企業ばかり」「募集内容と実際の仕事内容や条件がちがう」「給与や書類のミスが多い」「スタッフの対応が悪い」「有給休暇を取らせてくれない」といった口コミを発見したら、登録しないようにしましょう。

ポイントを抑えて良い人材派遣会社を選ぼう!

良い派遣会社を選ぶためには、どういったポイントをチェックすれば良いのでしょうか。優良な派遣会社には「大手企業派遣先にある」「求人が詳細まで記載されている」「コーディネーターのサポートが手厚い」「社会保障がしっかりしている」「福利厚生が充実している」といった悪質な派遣会社とは正反対の特徴があります。

前述した「優良派遣事業者」に認定されている大手派遣会社はこのような特徴を満たしていることが多く、安心して登録できるのでおすすめです。実際に紹介されている求人を見てみることも重要です。悪質な会社では、条件が良すぎる、常に新着の表記で掲載されている、仕事内容が漠然とし過ぎている等の求人が散見され、これらは架空の求人であることが多いです。

一方、優良な派遣会社の求人では一日の流れが細かく記載されていたり、派遣先からのメッセージが載っていたりとなるべく就業後にミスマッチを起こさないような工夫が見られます。そのため、気になる求人があったら問い合わせをしてみましょう。

そこで担当者の対応が悪いようなら登録はおすすめできません。これから働くにあたって、担当コーディネーターと円滑にコミュニケーションが取れるかも重要なポイントになるので、そういった部分も確認しておくのがおすすめです。

 

現在日本全国には8万社以上もの派遣会社があるといわれています。同じ派遣スタッフとして働くなら、悪質な派遣会社をしっかり見極めて優良な派遣会社を選びたいですね。ホームページや口コミのチェックはもちろん、実際に問い合わせてみるなど手段を広げて、自分のために良い人材派遣会社を選びましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

派遣社員として働こうと思っても、登録手順および仕組みなど分からないことも少なくありません。この記事では、人材派遣会社の登録から仕事開始までの大まかな流れを解説し、その上で登録する人材派遣会社
続きを読む
コロナ禍にあたり、仕事を失った方は少なくありません。そこで就職活動をしようと考えるわけですが、問題はどこを利用するかです。人材派遣会社を利用する方もいればハローワークを利用する方もいます。そ
続きを読む
いつかは憧れの正社員に…そんな思いを抱きながら働いている派遣社員の方は多いでしょう。しかし、実際に正社員になるとどんな点が変わるのでしょうか。また、派遣社員ではなくなることによるデメリットは
続きを読む